サムスンデジタルカメラ

ジョーは外国語サイトのための素晴らしいアイデアを持っています...もし彼が言語をスポークするならば!

ジョーと会う。 彼はアメリカ人とつながりたい 盆栽の木 日本の庭師との愛好家(ミニツリーのホットライン)。 もし彼がちょうど彼のサイトの考え方を英語と日本語の両方で動かすことができれば、彼はキャソラで動いているだろう。 ちょうどそれで泳ぐ。

問題はジョーがウィスコンシン州で育ったことであり、彼の唯一の印象はハリウッドの茶道や忍者の描写からです。 明らかに、彼はローカリゼーションの仕事には適していません。

だから、ジョーは次善のことをする。 彼はInternet Explorerを開き、自分のサイトのコピーを日本語でラインごとに翻訳し始めます。 日本人の舐めを知っていても彼を抑えることはできません。 確かに、日本の庭師は彼のユニークなビジョンを理解するでしょう。 彼は翻訳をスムーズにするためにオタクの友人に尋ねることができ、すべてがちょうど桃色になります。 右?

違う。 どの宇宙でも、これはジョーにとってうまくいきません。 彼の翻訳はうまくいっているだけでなく、彼のウェブサイトのデザインは完全に消え去ってしまい、最も重要なことに、技術的ハードルは彼が克服するにはあまりにも多くのことを証明するだろう。

...技術的なハードル(リスト形式)の110メートルに実行...

  1. SEO

ジョーが最初に気付くのは、彼がSEO(Search Engine Optimization)について何も知らないということです。 たとえジョーがSEOについて無差別に理解していたとしても、彼はキーワードやメタタグをどのように最適化するのか、知らない言語でサイトマップを作成するのだろうか?

答え:彼はできません。 SEOは業界全体であり、それ自体です。 サイトの検索機能は、もはやワードプレスの自動化されたSEOタグに正しい単語を入力することを確認する問題ではありません。 「sitemap」という単語が意味するものや「クローラー」が何であるかわからない場合は、すでにボールを落としています。「ボール」と言うと、英語の市場を意味します。

外国語サイトのSEOの最適化? たとえそれがただ一つの他の言語であったとしても? 全く違う野球ゲーム。 次の技術的ハードルにつながります。

  1. 文化の違い

たとえ咀嚼された日本人でもSEOに最適化することができますが、ジョーのサイトに足を踏み入れる日本の誰も、盆栽愛好家であっても15秒以上の時間を与えることになるわけではありません。

今、2010年のほとんどのインターネットユーザーの平均注意期間が9秒未満であったことを指摘する良い時期になります。 言い換えれば、金魚は物事をもっと長く思い出すことができます。

これを念頭に置いて、JoeはおそらくGoogleの翻訳ツール(もちろんSEOを考慮しない)に頼ることは望まないだろう。 彼はおそらく、彼の日本親和性の友人にも頼っていないだろう。

彼が必要と考えるのは、無意識に読者に怒らせるような文化的相違を説明する専門的な相談です。 彼が知らないのは、プロの翻訳者とプログラマーが、自分のポケットに自分の車のサイズの穴を切るということです。 それだけでなく、プロの翻訳者は、必要性のために拡張性がありません...

  1. 手動アップデート

Joeは、英語版のサイトで1行追加したり特定の単語を変更したりするたびに、日本語版でも同じことをしたいと思うでしょう。

彼が基本的なCMS(コンテンツ管理システム)を使用していたなら、それは悪夢であろう。 CMSは、この種のものにはまったく最適化されていませんが、それぞれの追加がSEOパズルの別の部分であるとは言えません。 そして、プロの翻訳者に頼ると、長期的にはコストが高すぎます。

どのオプションも魅力的ではありません。ジョーが何とか日本のプロセス全体を自動化し、問題を心配する必要はありません。 それでも、彼はまだ何トンも費やしていただろう...

  1. 時間

これは本当にラクダの背中を壊すストローです。 ジョーが自分でこのすべてをやっていたら、自分のサイトの日本語版を調整、監視、最適化する(新しいコンテンツを書くことを忘れて、英語の側でクライアントとやり取りする)なら、彼は燃え尽きるだろう。 彼の人生の質の高さは、それだけの価値はありません。

...そして彼はスケーラブルな解決策を必要としていると認識しています

たとえジョーが日本語を知っていたとしても、他の言語でサイトを翻訳して維持することは、膨大な作業です。 技術的なハードルは、コンテンツを追加するたびに飛び越える価値はありません。

この話の教訓? ウェブサイトのローカリゼーション 非常に洗練された業界です。 次回の記事では、Joeが自分のサイトの日本語版を作成する方法について説明します。